読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Team4Tuneミニ四駆日誌

Team4Tuneのミニ四駆活動日誌です

第182話 2017スプリング大阪大会

実は参加に対して少し消極的でした。

一生懸命目標に向かってひたすらに苦労して努力してきたのならば、

結果が良くても悪くても涙が出るほどの感情が湧き出るはず。

では逆だったらどうだろう?

結果が良くても素直に嬉しいとは思えないだろうし、

逆に悪くてもそんなに悔しくもならないだろう。

 

最近の自分を振り返ってみる・・・。

ミニ四駆に対して最近やったことと言えば、

気分転換に作ったトラッキンミニ四駆くらいのもの。

何か新しいことにチャレンジしたり、自分の欠点を振り返ったりもしていない。

 

それでもスプリング大阪大会へ向かった。

このまま動かなければ本当に動けなくなってしまいそうで。

 

今回ご一緒したのは モロさん と すぎむラ青年。

僕より先に会場入りしたすぎむラ青年はスマホの事情で

入場はしたけどエントリーは10時半を過ぎてからの対応。

順番待ちの列で出会ったモロさんは僕らよりも少し後ろ。

そして僕らがエントリーをしようとした時、僕の目の前でドクターが叫ぶ。

『ハイ!ここから午後のエントリーね(^o^)』

・・・僕のエントリーナンバーは801番(´・ω・`)

この時点で全員の出走は午後で確定(-_-;)

今日は周辺の駐車場が”特定日”に指定されてて、駐車料金の上限が設定されず、

停めたら停めた時間のぶんだけ加算されていく。

「午前中にサッサと走らせてサッサと撤収しよう」そう思ってたのに。

 

とはいえ2人の子供たちが午前中に出走です。

 

まずは次男のファミリークラス。

とりあえずマシンを持って観戦してみる。

ん~・・・結構コースアウトが多い。

 

レイアウトは一見高速コースなんだけど、ダブルバウンシングストレートの

マルチっぷりが今回はオニの組み合わせ。

少し沈んでからジャンプした着地点に、ちょうど次のジャンプで

上り坂が待ってるもんだから、ちょっとした”バンクビターン!”である。

ここでフロントのブレーキが強すぎると前転してひっくり返るし、

弱いと次の右180°ターンで速度超過のためコースアウト。

制振性も弱ければ跳ねて壁に引っかかるか勝手にレーンチェンジかやはりコースアウト。

f:id:k-garden:20170402211312j:plain

 

ファミリークラスの速度域でも5台全滅ってケースも珍しくはない。

モーターをどうするか次男と話し合って、ハイパーダッシュモーターPROから

ライトダッシュモーターPROへ変更。そのぶんカウンターギヤを黄色から緑へ変更。

フロントアンダーガードとリアのブレーキは純正のGUPをポン付けでノーブレーキ。

もともと安定した姿勢でのジャンプが最大のウリである次男のブラストアローなんで

完走さえできれば・・という作戦。

 

結果は完走3位でした。

まぁ、次男は完走できたことで不満はなかったようなのでヨシとしましょう。

何より昨夜お父さんと練習してたスタートが本当に上達しててとても嬉しかったです。

 

お次は長男のジュニアクラス。

自分でビルドしてARシャーシの師匠であるヨシ君からアドバイスもらって

リファインしたブルーメッキのエアロアバンテ

昨夜から自分なりに考えてマスダンパーの調整したり、グリスアップもしてました。

 

こちらはモーターにパワーダッシュモーターをチョイスしてたんですが、

お父さんのアドバイスでハイパーダッシュモーター3へ変更。

イザ出走してみると、やはりギヤの噛み合わせが悪いのか速度が伸びません。

速度が出ないぶん安定はしてて、3台がリタイアして2位完走。

公式大会ではマトモに完走したことがなかったので、

照れ屋の長男もまんざらではなさそうな表情でピットに戻りました。

 

早めの昼食をピットで済ませてると、進行が早いのかすぐに午後の予選が開始となりました。

もうこれで敗退したら即撤収できる!とか考えてた僕のマシンは

昨年のニューイヤーで1次予選を突破した強化VSシャーシのアバンテJr.。

立体セクションさえ乗り切れば、デジタルコーナーも長いフラットセクションも

とにかく軽いほうが有利と考えたのです。

ただ、このマシンてハイパーダッシュモーター3でも

普段使いのマッハダッシュモーターPRO積んだ強化MAシャーシと

同じくらい速度が出る上にスタートダッシュはこっちのほうがかなり速い。

なので、マスコット的に持ち込んでた走る予定のないサニーシャトルから

ライトダッシュモーターを摘出して換装。

これに超速ギヤとブレーキをフロントに灰、リアに黒で出走。

 

結果は・・・

f:id:k-garden:20170402212706j:plain

ナント2回目の1次予選突破です!\(^o^)/

 

読んだとおり他の4台は早々にリタイアして、ゆっくりと流すように

余裕の表情でサーキットを流すフロストオレンジのマシン。

あまりにも遅くて、観戦してる人たちに申し訳なくなるほどの速度。

 

コースの状況を観察して状況を読んで対策を考えて結果として作戦勝ちした。

それは事実で、やみくもに速度を出す方向に向かわないというのにも

最速でゴールしなくてはならないレースではある意味勇気の要ることだと思います。

 

とはいえ速度が上がる努力をしたのか?跳ねないよう何か工夫を凝らしたのか?

と言われれば返すコトバもありません。

これが今回の参加にあたって僕が懸念してた想いだったのです。

 

お次のレースはモロさん。

ふとコースを見たらスタート直前のモロさんが見えたので場所取りすることもできず

マシンの挙動を見ることはできなかったのですが、最後までコースのマシンを

目で追うモロさんは見えていたので完走できたんだな と思っていると

f:id:k-garden:20170402213615j:plain

モロさんも見事1次予選突破です!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

そこで期待しちゃうのはすぎむラ青年!

スタートで少し出遅れたけど、1コーナーへ到達する頃にはすでにトップ集団へ!

1位と僅差で2位で2周目に入り、これはいけるんじゃないか!?

と思った矢先、1コーナーでコースアウト・・・(T_T)

速度が高かっただけにリスクも高いんでしょうねぇ。

 

そして始まる2次予選。

撤収してDRIBARLABOへ向かうBBBの看板娘であるK嬢から

ハイタッチで元気を分けてもらって挑みます。相変わらずマジ天使。

さすがに1次予選と同じライトダッシュモーターじゃ速度も出ないし、

全く危なげなかったので、ハイパーダッシュモーター3へ変更。

結果は速度も上がったとはいえトップ集団から半周ほど差をつけられて遅い上に

3周目の1コーナーでコースアウト・・・。

 

まぁ、そんなに甘くはないか・・ なんて思いながらボードに表示されてる

お楽しみ抽選会の番号を撮影してピットに戻って確認してみれば

f:id:k-garden:20170402215307j:plain

ナント親子で黒・黄のMSシャーシと黒メッシュが当たりました!

今度はドクターから『これだけたくさんの人がいるのに2つも当たるなんてスゴイ!』

と言われました(*^^*)

どっちも現在市販しているものに心当たりがないのできっとレアなものなのでしょう。

 

2次予選も敗退したことだし、これでようやく撤収できる・・

と思ってたら

f:id:k-garden:20170402215743j:plain

なななナント モロさんの紫キャベツ号が2次予選も突破です(@_@;)

 

さすがに決勝ともなると凄まじい速度域だし、そんな速度でもコースアウトしないわで

敗退してしまったモロさんですが、ここまで行けること自体が素直にスゴイです!

 

駐車料金はどんどん加算されるわ明日もアサイチから仕事だし

モチベーションが・・とか思いながら早く撤収しようと考えてたのに

気付けば会場の人がかなり減るような時間まで残ってて

しかもミニ四駆仲間たちと終日楽しく笑いながら過ごした1日。

 

結局参加して良かったんじゃないかな。

だってこんなにドキドキしてワクワクしてクレバーに考えたり

仲間たちと笑いながらいろんな話をして そして結果に一喜一憂して 

こんなこと日常じゃなかなかまとめて体験できないもん。

 

コースへの対策もマシンの熟成法も全然今は思いつかないけど

来週の岡山大会も一生懸命楽しもうっと。

 

今日一緒に過ごしてくれたモロさん、すぎむラ青年、

ピットに来て貴重な実走情報をくれたヒロさん、癒やしと元気をくれたK嬢、

今回も本当にありがとうございましたっ!!m(_ _)m